製缶加工のフレームとは?|有限会社山辺鉄工|プラント工事・製缶工事なら茨城県日立市の山辺鉄工

ニュース & トピックス
News & Topics

製缶加工のフレームとは?


製缶の加工は、現代のものづくりに欠かせないものとなってきました。
その中でも、製缶加工のフレームとはどういったものか気になる人も少なくありません。
今回は、製缶加工のフレームについて紹介していきますので是非参考にしてください。

▼製缶加工とは
鉄やステンレスなどの金属板を、溶接などにより加工することを言います。
立体的な容器や鉄骨の部品である、タンク・クレーン・船の部品・水槽など様々なものを溶接加工していくものです。
大型なものを作り上げることに使用される場合が多く、金属以外にも銅管や形銅など様々となります。
特別な溶接技術が必要で、大きな会社でが良いとは限らず技術力が必須となるでしょう。

▼製缶のフレームとは
製缶品のフレームは、機械装置用フレーム・検査装置用フレームなど様々です。
機械や設備などで使用されるもので、フレームは製品のほとんどを占める大切なものとなってきます。
技術者によっても作り方などが大幅に変わってくることから、依頼する会社選びも慎重にする必要があるでしょう。
またフレームが製品のほとんどを占めるので、フレームの値段で大きく変わってきます。

▼まとめ
製缶加工を用いたフレームは、機械や設備などに使用されるとても大切なものです。
技術者によって作り方も違うもので、難易度がとても高いため優れた溶接技術が必要となります。
弊社では、創業60年以上の経験と培い続けた技術力を生かし様々な製缶・溶接工事のご要望にお応えします。
気になることがあれば、是非一度お問い合わせください。

アクセスマップ

【第一工場】
〒317-0062 茨城県日立市平和町2-1-1

【第二工場】
〒317-0054 茨城県日立市本宮町5-5-20

CONTACT

仕事のご依頼やお見積りやご相談、採用についての面接・質問など
まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00