定期点検業務とは?何を重点とする?|有限会社山辺鉄工|プラント工事・製缶工事なら茨城県日立市の山辺鉄工

ニュース & トピックス
News & Topics

定期点検業務とは?何を重点とする?


定期点検業務には車から建設など、幅広く行っているものでもあります。
マンションなどの住宅なども点検業務は存在しているため、多くの場所で行われているものではないでしょうか。
今回は定期点検業務とは何か解説していきますので、是非参考にしてください。

▼定期点検業務とは
定期点検業務とは、設備に不備がないか確認を行う業務のことを言います。
性能を維持するためにも大切なもので、修繕が必要な箇所は行わなければなりません。
主に定期点検業務を行うところは、様々ですが電力設備・空調設備・消防設備・給排水設備などがあります。

定期点検業務の規定
建築基準法第12条では、建物によって定期的な点検業務の規定があるようです。
対象となる建物は国によって定められていますが、規模の大きい建物がほとんど指定されている場合が多くなっています。
点検を行う作業員は、資格保有者が実施する場合がほとんどです。
機械によって点検作業を行う場合もありますが、人間による目で点検することに意味があるのでこの先も変わらないでしょう。

▼プラント
工業活動に必要な資源や素材を作りだす生産設備である、プラントにも定期点検業務は必須となります。
ものを作ったり、解体したりと様々な機械が存在するので点検は大切なものです。
劣化する前に部品を取り換えるなど、頻繁に点検を行うことでプラントの設備保全を徹底させることができます。

▼まとめ
定期点検業務には様々な種類がありますが、いつの時代も人間の目で点検を行うことが大切です。
資格保有者が定期的に点検を行うことで、故障や劣化などを防ぐことに繋がります。
弊社では、プラントの定期点検業務など幅広く承っておりますので気になることがあれば是非一度お問い合わせください。

アクセスマップ

【第一工場】
〒317-0062 茨城県日立市平和町2-1-1

【第二工場】
〒317-0054 茨城県日立市本宮町5-5-20

CONTACT

仕事のご依頼やお見積りやご相談、採用についての面接・質問など
まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00